4bcbbe0d1640040e8359e635833ec5c5.jpg

家元会員TSUGUMI様

在宅ビジネスでWEBライター・ライターをやっている主婦です。

140.まだ間に合う?!節税対策②


前回の続きです。

money-256312_1280

【ふるさと納税をする】

ふるさと納税は寄付として扱われるので所得控除の対象になります。

例えば、年末年始のご馳走に使用する食材を何か買いたいなぁと思っているのでしたら、美味しい名産品も手に入れることができて一石二鳥なのではないでしょうか?

 

【青色申告に変更する】

白色申告から青色申告に変更し、控除額を増やすことができます。

10万円(単式簿記)と65万円(複式簿記)の2種がありますが、31日までに帳簿を作成することができるのであれば、このような節税方法もあります。

 

【専従者給与を支給する】

配偶者等、家族の誰かを事業専従者(従業員)として給与を支払っているという形にしそれを経費にする。

こちらは白色申告と青色申告と条件が違いますので注意が必要です。

 

もちろん、基本的なこととして、

経費計上が可能な支出を漏らしていないかよく確認しましょう。

計上可能な経費の種類については、以前のレポでご紹介した通りです。

 

0

139.もう戻れない!


先日、異業種のお友達たちとランチをした時に上がった話題を一つ。

glasses-601575_1920

私が、

「もう前職と同じ職種で働く事はできない」

ということろから。

ちなみに、何故に働く事はできないのか!?

それは、

郷に入れば郷にに従え…という言葉があるように、

いくら経験や知識があったとしても、そこへ行ったらそこのルールに従った方が良いと私も思うのですが…

やはり、この年になってしまうと、経験上どうしても譲りたくないものってあるんですよね。

それがいくら正しくても、我を通せば上手くいきません。

だから自分の中で、同じ職種の仕事はやらないと決めている旨を明かしました。

すると友人たちは、

「というより、一度フリーになったら、もう雇われる環境には戻れなくない?!」と。

この意見に対し、その場にいた多くの方々が賛同。

個人的には、同じ職種じゃなければ、

またいち従業員としてどこかに雇われてもいいかなぁ…と思っていたのですが、

私よりフリー歴が長い方、独立開業している諸先輩方が大きく頷いていたので、

(……もしかして私ももう雇われには戻れないのかなぁ)

と、考えてしまいました。

 

フリーの皆さま、どうですか???

 

 

 

 

 

0

138.まだ間に合う?!節税対策①


前回のレポで、

「12月31日までにできる節税テクニックで対応も可能…」と書きました。

いろいろありますが、

フリーのWEBライター主婦が、その収入の中で出来そうなものをピックアップしてみることにしてみましたので参考にしてみて下さい。

taxes-1015399_1280

前にも書きましたが、税金の計算は収入から経費を引いた「所得」×「税率」です。

経費を立てて所得金額を減らせば、税金も減らすことができます。

ですので、

【“将来必要なモノ”を含め、必要なモノを前倒しで購入する】

いずれ購入しなければならないモノ(翌年の1月以降に購入予定のモノがあったら)、前倒しで購入し経費を立てればその分だけ所得金額を減らすことができ、節税に繋げることができます。

ただし、いくら節税だかといって不要なモノまで購入する必要はありません。

 

【倒産防止共済(セーフティ共済)や小規模企業共済に加入】

この保険は、経費で落とせる資産でです。

私たちのようなフリーランスでも加入することができます。

特に、小規模企業共済の掛金は1,000円から最大7万円までで、最大12ヶ月前払いできます。

ただし、40ヶ月以上かけ続けなかれば満額返ってきませんので注意してください。

 

続きは次回にて。

 

0

会員様のみ、続きを閲覧いただけます。

TSUGUMI
ユーザー名
TSUGUMI
ラ ン ク
家元会員
カテゴリ
在宅ビジネス
趣味・特技
音楽好きのミリオタ
性  別
女性
生年月日
年3月27日
血 液 型
O型
登録日
2019-05-09
最終ログイン
2019-11-17


広げよう、家元の輪!
イイネ!