4bcbbe0d1640040e8359e635833ec5c5.jpg

家元会員TSUGUMI様

在宅ビジネスでWEBライター・ライターをやっている主婦です。

109.やりたい事との葛藤


少し前に、仕事が減りました!というお話をしました。

で、

仕事が減った→焦って探さない方が良い→たまたま違う仕事が入った→

というところから。

 

その後……

前月は違う仕事を受けて減った分を補うことができたのですが、継続案件ではないので(取引としては継続しているけれど、仕事自体は数ヶ月おき)やはり新しい仕事を何かしようかなぁ…と思っていたところ。

で、クラウドソーシングを眺めていたら良さそうな案件を見つけたのでとりあえず応募してみました。

 

そんなこんなしていたところ……

 

この間、クライアントさんと打ち合わせがあり、

「スケジュールがキツかったら隔週でも良いので、もう一つ特集記事書いてもらえます?」

との依頼。

 

以前から現在担当している特集記事の本数を増やして欲しいとお願いされているのですが、取材等のスケジュール都合、本数は増やせないとお断りしていました。

そしたら、取材スケジュールの都合がつけられそうな「別の特集記事」ならどうか?というお話。

今あるものを引き継いでもよいし、私が書けそうな企画を新たに作っても良いというありがたいお話でした。

 

しかしながら……

私が書けそうな新しい企画……これがまた難しい。

 

なぜなら……

クライアントが企画をやる「目的」と、自分か書きたい…もしくわ書けそうな「モノ」が一致するかどうか?というところなのです。

team-3373638_1280

サイトを作って発信して運営していくクライアントは、ボランティアではありません。

私に支払う原稿料含め、運営費をかけて利益を生み出さなければなりません。

私が書くモノがクライアントさんにとって有益になるのならともかく、そうでないなのであれば、いくら自分が書きたいと思っても、提案すべきではありません。仕事ですから。

 

とりあえず、現在の特集の企画含め、新しい企画の提案をすることになりました。

 

新しい仕事を探したりテストをしている場合でなくなったわけです。

 

やはり今回も、焦って仕事を探して空回りというオチでした。

 

そして……

やりたい事(新しい企画)との葛藤に悩まされる日々が始まりました……

これも、ライターあるあるネタとしてあることなのではないでしょうか?

 

0

108.軽減税率によるフリーランスへの影響④区分記載請求書等について


102までで消費税の仕組みについてお話しました。

そしてここからようやく「区分記載請求書等」のお話です。

 

国税庁から届きました「消費税の軽減税率制度に対応した経理・申告ガイド」をすでにご覧になった方はすでにご存知の内容かと思います。

免税事業者になっているライターさんだと「消費税」というものに無頓着になりがち(私もです)

1記事○○円ね!と受注されたら、

 

原稿料○○円

 

と記載し、そのまま請求書を発行してしまうこともあるのではないでしょうか?

accountant-4008603_1280

しかし、この10月から消費税が増税になり、軽減税率制度が実施され、取引されるモノの税率が複数になります。

ですので、課税事業者が仕入税額控除の適用を受けるためには、区分記載請求書等の保存が必要となります。

よって、課税事業者からの発注されたお仕事に対して、私たちはこの区分記載請求書等の発行が求められる……というワケです。

 

区分記載請求書等……などというと、何だか難しい書類なのかしら?と思ってしまうかもしれませんが、難しいことはありません。

税別表記の請求書を発行すればよいのです。

また、3万円未満の少額な取引は現行通り必要な事項を記載した帳簿の保存のみで要件をみたすことになりますので、求められないかもしれません。

ただ、以前、請求書の発行についてお話したとおり、それでも相手様のこと考えるならば、やはり税別表記で請求書を発行した方がよいと思います。

実は、私も面倒くさがって税込のみの表記で発行していたクライアントさんがあったので、これを機にちゃんと統一した請求書に直したいと思います。

 

0

107.ノマドワークについて④コワーキングスペース利用してみた


103でコワーキングスペースの視察をしてきたところから。

ちょうど仕事でその周辺に行かなければならなかったので、コワーキングスペースを拠点に動くことにしたのです。

 

平日のお昼に行ったのですが、利用者は4人ほど。

まだ知名度がないから利用者が少ないのか、そもそも利用する人が少ないのか分かりませんが……

 

席は、スクリーンロール付きの個室スペースを利用することにしました。

電気や電源もちゃんとあります。

個室で飲食をすることも可能でした(匂いのキツイものは不可らしい)

ただ、Wi-Fiの環境は不安定で、いろいろ大変だったところがネックかなぁ……

少し仕事を済ませてから、ゲラを届けに一旦外出。

ロッカーにPC等の荷物を預けます(ロッカーの利用料は無料)

 

帰りに3時のおやつとして蒸しパンを買って再び戻りました。

ドリンクバーはセルフで、珈琲、紅茶各種、ハーブティー、エスプレ。

珈琲は自分でドリップするタイプで、紅茶やハーブティーはティーバックタイプ。

エスプレだけはマシン。

使用したカップや食器等は自分で洗って片付けます。

26128362-1891-460F-8990-4FAB259F3DDA

滞在中、紅茶一杯とエスプレを二杯(飲みすぎ?)

睡魔が襲ってきたときは、個室から広い席に移動し、気分を変えて作業を進めることができました。

 

ただ、喫煙スペースが敷地内にないのがイタイところ。

(近くに喫煙できるところがあったのでちょっと出てみたり……)

 

帰る頃(夕方)には、利用者がけっこう増えてい賑わっていたのですが、利用者はどちらかというと勉強しにくる学生さんが多かったような気がします。

 

全体的に言えば、いつも利用しているコメダとか喫茶店の方が自分で飲食を準備しなくても良い分楽ですが、長居するならこっちでも良いのかなぁと思いました。

交通費等も考えると費用としてはそれほど変わらないので、ついでの用事がある際にはまた利用したいと思います。

 

0

会員様のみ、続きを閲覧いただけます。

TSUGUMI
ユーザー名
TSUGUMI
ラ ン ク
家元会員
カテゴリ
在宅ビジネス
趣味・特技
音楽好きのミリオタ
性  別
女性
生年月日
年3月27日
血 液 型
O型
登録日
2019-05-09
最終ログイン
2019-09-17


広げよう、家元の輪!
イイネ!