4bcbbe0d1640040e8359e635833ec5c5.jpg

家元会員TSUGUMI様

在宅ビジネスでWEBライター・ライターをやっている主婦です。

507.創作系記事が一番好きな件


前回のレポの中で、休んだり散歩したりぼんやりする時間が大事だ…と書いておきながら、になります。

実はその日、ちょっと目を引く案件がありまして、

ジャンルでいうと【創作系】

最近は、YouTube動画のシナリオなどのような案件も多くみられるようになり、

創作系の文章を求められることも増えてきているのかな?という気もします。

 

はい。

今回の案件はシナリオではありませんでしたが、物語的な創作系の文章の案件。

 

実は、これまで言っていませんでしたが、まとめや解説系の文章より、創作系の文章を書くのがなによりも好きです!!!

 

昔はコント(超短編小説)とか書いていたこともあったくらい。

 

このような案件は滅多にないし、あっても単価が安いので普段は手を出すことはありません。

しかし、ちょうどスタバでぼんやりする時間があるくらい余裕があったタイミング!

文字数は5000文字。

単価は低いけれど、しばらく創作系の文章を書いていないという欲求不満から、引き受けることにしました。

その場でちょっと書いて、翌日には納品。

 

創作系の文章って、何を調べるわけでもなく(調べることもありますが)自分の頭の中にあるものを文章にしていくだけだから、通常の記事よりも早く書くことができます(私の場合)

しかも、なにが良いかって、記事はある程度構成や方向性や着地点が決まっているのに対し、創作系は「自由」

どんな構成にしようか、自由にできるのがストレスフリー!!!

何より、「個性」の見せどころです。

 

納品してすぐに検収をしてくれた編集者さんから、感想として嬉しい言葉を頂きました。

 

「……特に最後の一文に引き込まれました」

 

そう!!

書き手にとって何が嬉しいかって、ちゃんとこちらの意図が読み取られて褒めてもらえた瞬間です。

 

(わかる?わかってくれました?ラストの一文が文章全体の問題定義にして締めくくって、それまではそこに辿り付くまでの伏線なのですよー!!!)

ひっさしぶりに文章を書いていて嬉しかった瞬間でした。

(普段のお仕事に不満があるわけではありませんが)

 

で、その後私は調子にのって別な創作系のフリー案件にも手を出してしまうという。

結局、

「休みにした意味ないじゃん」って感じになってしまったのでした。

 

書けない、書きたくない…と言いながら、結局、書いている……

 

 

 

 

0

506.「ぼんやり時間」のすすめ


9月15日。

前回のレポから約10日。

 

月始めからの締め切りや納品物に追われておりました。

そして、やっと、毎月の継続案件の納品ラッシュから解放されて脱力状態です。

ちなみに昨日の夕方に送信して終わって、夕食作って、そしたらもう夜に仕事するーってこともなかったので、

ゲームしたり漫画読んだり、子供たちと一緒に遊ぼうと思っていたのですが、

仕事による連日の睡眠不足や疲れがどっと出たのでしょうか?早々に寝落ちしてしまいました。

本当に毎月のことながら…って感じです。

 

そして寝落ちして(結果的にはたくさん睡眠を取ることができて良かったのですが)

一夜明けた今日。

 

いつもより早起きできたので、早朝の散歩から始めました。

やはり朝の澄んだ空気って気持ちいいですよね!

それからお弁当を作って家族を会社や学校に送り出し、

これまで放置していた掃除、洗濯、食事の用意(夕食や作り置きなど)を済ませ、

いつもより若干気合を入れて身支度を整え、

行ってみたかったお店で、お友達とゆっくりランチで充電!!!

ちょっと奮発したランチを堪能しながら、声を出して(もちろん小声ですが)笑う。

この「声を出して笑う」って、すごく大事。

普段は取材や打ち合わせ以外は、人と全然合わないので、頬の筋肉を動かすことなくじーっと座って1人で文章書いているわけです。

それって、気づかないかもしれませんが、すごいストレスになっていることが多いです。

 

「笑う」とこはストレス解消になります。

「笑う」とガン細胞と闘ってくれるNK細胞が増えるっていうくらいですからね!

 

とはいえ、急ぎの仕事が落ち着いたというだけで、仕事が全くなくなったわけではありません。

なので、一応、仕事道具も持参。

ランチ後は近くで働く友人にお届け物をしてから、カフェで軽い仕事でもしようかなぁ…とも思ったのですが、

いざ、入って席に着いてしばらくぼんやり……

73E9CBC6-3173-484C-A82C-10D92F82E775

この「ぼんやり」も、大事です。

 

休む時は休まないと良い仕事はできません。

一気にアウトプットしちゃっているので、散歩やぼんやり時間からのインプットも必要なのです←本当にこれは大事。

もしも、ライティングのお仕事で病んでしまった時は、

仕事のことを考えず、

散歩やぼんやり時間を試してみてください。

 

 

 

0

505.やんわりダメだし??ライターの本音


つい、昨日の話です。

取材で、クライアントの営業の方とご一緒した時のこと。

その時の取材とは別に、

他にも特集記事を担当させてもらっています。

で、

また他にその会社が発行している雑誌(フリーペーパーかどうかはわかりませんが)を渡されて……

そこに載っている写真を参考に見てみて~と。

つ、つまり…

日頃、私が撮影している写真に対し…

やんわり、

( ゚Д゚)ダメ出しってことですよね??!!

いえ。いいんです。

写真が下手で、しかも、いつまで経ってもちっとも上手くなっていないってのも、承知しております。

なので、ありがたくその雑誌を頂きました。

そやってお世話してくれるのは、フリーとしては本当はありがたいことなのです。

ちなみに、それを受け取った時、先方はポツリと私に言いました。

「せっかくいい文章書くんだから…」と。

sharegrid-N10auyEVst8-unsplash

(# ゚Д゚)む……

 

ちなみに、ちなみに、

その時の取材ではカメラ担当としてやって来ていて、これから毎週ある取材時もカメラマンとして来てくれる彼。

 

なら、それなら!!

別件の取材んときもカメラマンとして来てくれればいいじゃん!!!

もしくは、

カメラマン付けて下さいよ!!!

ライターが写真上手かったら、

カメラマンという職業の人、いらなくなるだろーっつ!!!

 

はい。

すいません、つい、ぽろっと本音が出てしまいました。

 

毎回、毎回、写真についていろいろ言われる度、

毎回、毎回、同じことを思う、進歩のないヤツです。

すいません。すいません。

 

カメラが得意なライターさんが重宝されるってわかっているんです。

カメラを練習しなくちゃいけないってわかっているんです。

でも、

でも、

やぱ、写真ってセンスだと思うし、

練習したからといって誰もが上手になれたら、カメラに限らずその道のプロなんてないと思うんですよね!!

だから、

だから、

どうか…

これ以上、写真についてダメ出ししないでください(´;ω;`)ウゥゥ

 

人には向き不向きだってあるんですから!!!!

 

0

会員様のみ、続きを閲覧いただけます。

TSUGUMI
ユーザー名
TSUGUMI
ラ ン ク
家元会員
カテゴリ
在宅ビジネス
趣味・特技
音楽好きのミリオタ
性  別
女性
生年月日
年3月27日
血 液 型
O型
登録日
2019-05-09
最終ログイン
2020-09-17


広げよう、家元の輪!
イイネ!