76929821e4d9897be3e8c4687cc266a0.jpg

家元会員まめたぬき様

元保育士で現在4歳男児の子育て中。

じゃんけん大会


ご覧いただきありがとうございます(#^.^#)

今日はガンバ大阪の選手のサインが当たるというイベントへ行ってきました。

 

ガンバボーイとじゃんけんをして、

勝ったらサインがもらえます。

高木くん、藤本選手、谷くんが当たりました!

おまけに観戦チケットまで。

 

DSC_0520

駅員さんの制服着てます

 

息子はじゃんけんで負けると泣きました。

普段はただのゲームとわかっているので大丈夫ですが、

勝てばプレゼントがもらえるということもあって

ギャーギャー泣きました。

 

じゃんけんは必勝法があるようですが、

ほとんど運です。

絶対勝てるわけではないですね。

息子は今、じゃんけんは勝つことも負けることもある。

負けても我慢。を覚えているところです。

 

普段からじゃんけんをして、

勝っても負けても楽しいことを教えたり、

時にはじゃんけんを使ったゲームをしたり。

 

ルールを守って我慢をするということを

もっと理解していけたらと思います。

0

ボールプール


ご覧いただきありがとうございます(#^.^#)

今日はとっても遅い更新です。

それはガンバが勝ったからですー

余韻に浸りすぎてました。

朝からドキドキのダービーでしたからね。

今日はお昼過ぎからパナスタへ行きましたよ。

 

待ってる間、息子はボールプールで遊びました。

DSC_0481

 

ボールプールって子どもは大好きですよね。

入ったことがある方はわかると思うのですが、

とっても気持ちいいですよね。

全身にコロコロ当たる感覚。

かき分けながら泳いでみたり、飛び込んでみたり、

潜ってみたり。全身に刺激を与えられるので、

とても脳に良いと言われています。

 

今日は投げるの禁止でしたが、ボールを掴んだり、投げたりという動作も成長には大切ですね。

 

カラフルなところも視覚に刺激があります。

色を覚えたり、同じ色を集めたり、そんなことも発達には大切な遊びになります。

 

ボールプールはただ楽しいだけではないのですね。

おまけの画像~

DSC_0485

ガラガラ抽選でタペストリーが当たりました~

かっこいいですね

 

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

それでは、また(*^▽^*)

 

1

運動神経は幼児期の遊びで決まる


 ご覧いただきありがとうございます(#^.^#)

息子があんふぁん関西版の5月号を持って帰りました。

DSC_0467

 

私が一番興味を持ったのは

「運動神経は幼児期の遊びで決まる」

ということです。

私は運動が苦手すぎて運動会も体育の時間も

すごく嫌で見学もよくしていました。

 

足も遅い、泳げない、跳び箱も鉄棒も

球技だって苦手でした。

 

ただ、アスレチックや縄跳びは大好き。

木登りだって、高いところから飛び降りるのだって

平気でしていました。

 

ポイントは特定の運動ができていても

運動が得意だというわけではないということだそう。

 

いろんな運動を経験することで運動神経が育つのです。

 

幼児期は運動コントロール力を育てる時期です。

脳が筋肉に指令を出して動きをコントロールします。

どんな運動をするにも基盤となる力で、

10歳までがよく伸びるのだそうです。

 

運動体力は10歳以降に育つので、

まず大切なのは幼児期に立つ、歩く、走るなど基本の動きを経験すること。

あんふぁんには28個、基本の動きが書かれています。

家でも公園でもできる遊びも紹介されています。

 

息子はサッカーを習っているけど、

それだけではダメなのですね。

普段からいろんな遊びを取り入れていきたいです。

 

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

それでは、また(*^▽^*)

 

2

会員様のみ、続きを閲覧いただけます。

まめたぬき
ユーザー名
まめたぬき
ラ ン ク
家元会員
カテゴリ
子育て
趣味・特技
ハンドメイド
性  別
女性
地  域
大阪府
登録日
2017-12-29
最終ログイン
2018-04-22


広げよう、家元の輪!
イイネ!